エロゲーとは

エロゲー初心者の方に、エロゲーについて簡単にご説明いたします。
エロゲーをはじめてみたいと考えている方はご参考ください。


エロゲー概要

エロゲーとは、狭義には年齢制限を持つアダルトゲームのうち、その制限(一般には18禁)の主な理由が性的表現(セックスシーンなど)があるために年齢制限されるゲームのことである。アダルトゲームは、グロテスクな描写や極端な反社会性を理由として年齢制限が為される場合もあるのだが少なくとも日本のPCゲーム市場においては年齢制限の理由の大半がセックスシーンであるため、広義には、18歳未満にはふさわしくない内容を含んだゲーム全てがこのように呼称される。 出典:ニコニコ大百科より

インターネットが世界中に浸透したのは「エロが見れる」からであり、日本も例外ではありません。当時はインターネットつなぎ放題な時代ではなく「インターネットをしている間は電話が出来ない」時代でした。そんな中でも世界中(当時は日本中という感覚でしょうか)の情報が自宅で見ることが出来、またテレビとは違い「自分のほしい情報をチョイスすることが出来る」というのも魅力の1つでした。
そしてそんな中で生まれたのが「エロゲー」です。当時はR18ゲームや美少女ゲームなどいろいろな名称がありましたが「18歳未満禁止で性的描写が描かれたゲーム」はエロゲもしくはエロゲーと呼ばれることが一般的となりました。(美少女ゲームはエロなしが一般的)


エロゲーの種類

エロゲーの中にも種類があります。俗にいう「シナリオ重視のエロゲー」は「萌えゲー」「泣きゲー」なんて呼ばれたりもします。そんな中「実用性重視のエロゲー」を抜きゲーと呼ぶことが一般的になってきており、シナリオ重視のエロゲーを「非抜きゲー」と呼ぶこともあります。
当サイトでは
エロゲー=シナリオ重視、泣き、萌え
抜きゲー=実用性重視
と区分し紹介していきます。
ちなみにエロゲー・抜きゲーに加えて「同人」という区分もあります。これは基本「実用性目的」ではあるんですが「個人」「サークル」が制作した作品を指すことが多いのが特徴的。同人だからといって質が落ちるわけではなくハイクオリティな作品も輩出されています。


はじめようエロゲーライフ

エロゲーをプレイしてみたい!と思った方。まずは購入しないとはじまりませんよね。
購入方法ですが主に3つの方法があります。

・エロゲー量販店で購入
エロゲー創世記の時代は主にエロゲーは店頭で購入するものでした。ズラーっと並んだパッケージを人の目を気にしながらチラチラとみる。そんな時代が私にもありました。情報としては雑誌などが主流でしたね。この店頭購入は今でも健在で「特典」なんていうおまけもついてきたりするのが特徴的です。

・通販で購入
amazonなどの大手通信販売サイトはエロゲーも取り扱っています。人の目を気にすることなく購入までたどり着くことが出来るのが魅力なのと品揃えが豊富であることが通販最大の特徴ではないでしょうか。(宅配の際には気になりそうですが)

・ダウンロード購入
私がメインで購入している方法です。主にdmmなどの大手アダルト専門サイトが販売している形式で「プレイしたい」と思ったら即購入、即プレイできるのが魅力的。値段もダウンロード版はパッケージ版(通販・店頭購入)よりも安くなにより「人の目を完全に気にしないでいい」ということもおすすめする購入方法の1つです。


値段を吟味

フルプライス、ミドルプライス、ロープライスといった具合にエロゲーの値段も様々、そしてその値段ごとに主にボリュームなんかが変わってきます。また同人ゲームは基本「ロープライス」で購入できることもあり近年注目が集まっていますね。

フルプライス:6,000円~
ミドルプライス:3,000円~5,999円
ロープライス:~2,999円

当サイトでは上記値段設定を基準にしていますが、消費税率も変わってくるため変動が起こりそうです。


最後に

最後になりましたが不足している分は後日追記していきます。
値段が高いから名作、安くから駄作といったわけではなく、また、このブランドの作品はすべて良いというわけでも残念ながらありません。
出来ればはずれを引きたくないというのは男ならば当然でことですよね。細かいことをいうと「他の人が最高といっているのに自分には理解できない」というのもあります。ここまで来ると「フェチ」の分野に入ってくるので結局は自分の目で確かめることが大切なのかもしれません。